2010年11月25日

【D0】栄光の鐘考察【ディメンション・ゼロ】

リストを見た雑感ですが、環境に影響を与えそうな
カードの考察です。
また、新弾ということもあり、他ブログ様で同じような
考察をしていただけたり、コメントで意見などをいただければ幸いです。

環境に影響を与えそうなカード

光の巫女ホリプパ
墓地利用が活発になりそうな次ぎ環境では、
出してからコストで相手の墓地焼きをするまで妨害されない
この効果はかなり強力であるといえるのではないのでしょうか?
強力カード=禁呪のこの時代に禁呪なしもポイントです。

神龍
特殊置きと合わせてウイニーを一枚で否定できるカード。
また、時空湾曲などの除外ソースが必要なカードのお供としても。
後半の主戦力アタッカーとしても強力です。

時空をすべるものシュレーゲル
超常現象とあわせることにより、デッキ内の3コスト以下のフォーリナーを
五体展開できる変なカード。
王子を複数並べられるとなると相当ですが、いかがでしょうか?

時空湾曲
相手のリムーブゾーンに干渉して対象不適切にしたり、
自身のリムーブゾーンを使いまわすなど小回りの効く一枚。
メタにもサポートにもなる新たな基軸となりそうです。

霧の浸食
個人的ナンバー3カード。
はっきりいいましょう、失恋の痛みの上位交換です。
プランを作成し、相手の手札を選択して捨てられるのは強力の一言に尽きます。

大陸アルドのマーメイド
おまけのついた潮流の魔女が弱いわけがありません。

妖魔の王子ウッディ
今回の個人的ナンバー1カード。
先行1ターン目のプランで狙える加速アタッカー件
ドローブーストはどう考えても禁呪3レベルです。
今後青が絡む構築の場合、基本カードになることでしょう。

アイスドラゴン
沢山の無限好きとネガキャンを多量生成してくれた彼。
まぁ、これはもっと研究の必要がありそうですが、
個人的には妖精のダンスで多く打つ手を増やす使い方が強いかなと。

発想の転換
個人的ナンバー2カード。
2ターン目ウッディ率を上げるカード。
ウッディとご一緒に。

信頼の証
ドローブースト件スマッシュロック。
また、毎ターン打つと半ターン早く自分のドローが訪れる
ことになるのもポイントです。

天使達の歌声
ままで不遇されていたボトム除去がついに他色と
同等のスペックになりました。
このサイクルの中ではもっとも強力だと思います。

妖精のダンス
危険な香りただようこのカード。
除外されず、1コスト減った彼はバックスで2コストで打ったり、
次ぎのターンリリースしない自分のエネルギーのリセット。
また、残りデッキをすくなくすることでアリエーテと何かしらのループが組めそうです。

以上がにんじんの個人的雑感でした。
posted by Team Re: at 22:25| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

失恋の痛みと不運の始まりとパニックボイス

こんばんは、もはやブログの中の人担当になりつつあるにんじんです。

なんかね、ここのところ記事書きかけては、
途中でかくのやめちゃう繰り返してるからある程度文章どうこうじゃなくてかいちゃおうかと。

で、今日のテーマは上記の三つですね。
今までの環境だと、たとえば侵略者の一撃スタックで失恋を打って、キャラを抜きさえできればよかったんだけど、パニックボイスさんの登場でじゃあ失恋効果解決、侵略者スタックでキャラつり直しますねという悪夢が。
で、そういうキャラに頼りきってたり、他は最近の環境だとバックス頼りのデッキとかだと先手で不運を打ってボトムに置いちゃうのが効率がいいのかなあと。
ただ、失恋も用済みになったわけではなく、たとえば相手の前半の産卵スタックに打ち込むとかのコンボ崩しとしては、十分役割がたもてるかと、あと、詰めで手札を除くとかね。

失恋の痛みと不運の始まり。
様々なデッキに加えられるこの二種類のギミック。
皆さんもこれらを使いこなしていやらしいD0ライフを送りましょう(ぇ

ではでは。
posted by Team Re: at 01:05| Comment(1) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

大巨人の盾

こんにちは、にんじんです。

この間Vグランプリに参加してきたのですが、結果は散々たるものでした。
なんというかなんでもしようと思って自分のデッキの根幹がないデッキで出ちゃったんですよねぇ。
遊戯王ならそういうデッキでもいいのですが、はやりD−0は難しい、けれども面白いカードゲームなんだなぁと再認識。

で、大巨人の盾ですよ。
今ビートデッキを2010予選用に構築しているのですが、やはりスカイロードや、フレアロードに注目が集まっていますが、大巨人の盾のカードパワーはそれらのに勝らずとも劣らない、ビックなパワーを秘めていると思います。
2009で二位に入っているファッティビートを雛形と考え、さらに速度を上げ、グランシザースなどを採用、盾ラインで実質9500が2コストでプレイできるのはフレアロードもびっくりです。
さらに博士、バニー・フラッシュの加入により、回転効率の上がったファッティビート。
たしかに社交場頼りなところはまだありますが、十分に狙っていけるパワーのあるデッキではないでしょうか?

ではでは。
posted by Team Re: at 00:49| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

クラーケンキャッチャーについて

皆さんお久、燈夏です。
今回は、クラーケンキャッチャーについて書かせてもらいます。
元々、このカードは、Gジャーニーやスカイロード等を、安全に動かすためのカードでございますが、今回自分が(多分)新たに編み出した使用方法をデッキとともに後の追記にて書かせてもらいます。続きを読む
posted by Team Re: at 16:55| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

【ディメンション・ゼロ】強いかもね

どうも、大将です。
Xの発売から一週間が経ちましたね。
V〜Xのカードを整理していたらたまたま目に留まったカードが三枚。
これはもしや…………化けるんじゃないか?
ということで今日は、大将が選ぶ化けるかも? 〜赤編〜 を載せます。続きを読む
posted by Team Re: at 08:30| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。