2010年09月16日

バックスデッキについて

こんばんは、にんじんです。
ふぅ、なんとか週1更新のペースは守れてるな。

……と、いうわけで今日はD0界の流行の最先端、バックスデッキについてです。
某掲示板からの情報ですが、どうやら関東の予選はバックスデッキがかなりの割合で
権利をもぎ取って行っているようですね。

自分もバックスデッキを構築したのですが、なるほど。
たしかにバブルスカラベを決めてからの1キルは今までの無限デッキに比べて、完成してからの
安心感が絶大的に違います。
おまけに、自分は死ななければいくらスマッシュを受けてもいい(1キルを狙いにいくので
たとえ6点受けようが問題ではない)のでクレバスでの防衛ラインの深さが他のデッキと比べて段違いです。
勝ち筋を確立したコントロールの位置づけなのですが、入っているユニットのビート要員としてのスペックがとても高く、ビートで勝ちも狙いにいける、いわゆる強いデッキの部類ではあるのですが、
しっかりと対策を練れば戦えないデッキではないかと、個人的には思います。
たしかになんの対策もないデッキが勝つことは難しいですが、いわばそれがカードゲームにおけるメタなわけで、個人的にはゲーム崩壊というほどのデッキではないかと考えています。

まぁ、何かしら問題があれば公式がアクトレス同様対応してくれるはずなので、それまでは無限を環境の一つと考えてD0をするのも選択のひとつかと。

以下拍手返信

>>ギョウチュウ

おしかったね。
ってかよくバブホリ三積みのデッキで三位取れたもんだ、さすがプレイングが違うね。
また近いうちにD0しようね。

ではでは。
posted by Team Re: at 22:44| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

失恋の痛みと不運の始まりとパニックボイス

こんばんは、もはやブログの中の人担当になりつつあるにんじんです。

なんかね、ここのところ記事書きかけては、
途中でかくのやめちゃう繰り返してるからある程度文章どうこうじゃなくてかいちゃおうかと。

で、今日のテーマは上記の三つですね。
今までの環境だと、たとえば侵略者の一撃スタックで失恋を打って、キャラを抜きさえできればよかったんだけど、パニックボイスさんの登場でじゃあ失恋効果解決、侵略者スタックでキャラつり直しますねという悪夢が。
で、そういうキャラに頼りきってたり、他は最近の環境だとバックス頼りのデッキとかだと先手で不運を打ってボトムに置いちゃうのが効率がいいのかなあと。
ただ、失恋も用済みになったわけではなく、たとえば相手の前半の産卵スタックに打ち込むとかのコンボ崩しとしては、十分役割がたもてるかと、あと、詰めで手札を除くとかね。

失恋の痛みと不運の始まり。
様々なデッキに加えられるこの二種類のギミック。
皆さんもこれらを使いこなしていやらしいD0ライフを送りましょう(ぇ

ではでは。
posted by Team Re: at 01:05| Comment(1) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

大巨人の盾

こんにちは、にんじんです。

この間Vグランプリに参加してきたのですが、結果は散々たるものでした。
なんというかなんでもしようと思って自分のデッキの根幹がないデッキで出ちゃったんですよねぇ。
遊戯王ならそういうデッキでもいいのですが、はやりD−0は難しい、けれども面白いカードゲームなんだなぁと再認識。

で、大巨人の盾ですよ。
今ビートデッキを2010予選用に構築しているのですが、やはりスカイロードや、フレアロードに注目が集まっていますが、大巨人の盾のカードパワーはそれらのに勝らずとも劣らない、ビックなパワーを秘めていると思います。
2009で二位に入っているファッティビートを雛形と考え、さらに速度を上げ、グランシザースなどを採用、盾ラインで実質9500が2コストでプレイできるのはフレアロードもびっくりです。
さらに博士、バニー・フラッシュの加入により、回転効率の上がったファッティビート。
たしかに社交場頼りなところはまだありますが、十分に狙っていけるパワーのあるデッキではないでしょうか?

ではでは。
posted by Team Re: at 00:49| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

久しぶりの通常構築戦 in 池袋


皆さん、お久しぶりです。
大将です。

先日池袋のオーガにて開催された通常構築戦に参加してきました。
しかし、このイベントを聞いたのが2、3日前……。
頭の中はV-1グランプリや私事でいっぱいいっぱいで
「参加する!!」 と高らかに宣言したは良いものの
デッキを全く前日まで考えていませんでした。
……………………………………………………よし。
ある方針が決まりました。
負けても良いや。久々の通常構築戦を楽しもう! ってことに(笑)
これが当日の気持ちでした。
参加賞とあわよくばお楽しみ賞がもらえればとか思ってました。

まさか! とか思いました。
この時の私の気持ちが大きく出てしまうなんて思いもしませんでした。
試合レポート
posted by Team Re: at 10:25| Comment(0) | 大会レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

クラーケンキャッチャーについて

皆さんお久、燈夏です。
今回は、クラーケンキャッチャーについて書かせてもらいます。
元々、このカードは、Gジャーニーやスカイロード等を、安全に動かすためのカードでございますが、今回自分が(多分)新たに編み出した使用方法をデッキとともに後の追記にて書かせてもらいます。続きを読む
posted by Team Re: at 16:55| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。